ADVERTISEMENT

「六本木クラス」の原作ドラマ「梨泰院クラス」は何がそんなに面白い?

梨泰院クラス

 7月7日からスタートするテレビ朝日系のドラマ「六本木クラス」は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」(読み方:イテウォンクラス)のリメイク。2020年のコロナ禍、Netflixで配信され、「愛の不時着」とともに人気を獲得。それまでは韓国ドラマにはあまり縁のなかった層の心をつかんだことが、今も続く韓国ドラマブームをけん引することになった。そこで、あらためて「梨泰院クラス」とは何がそんなに面白いのかを振り返ってみたい。(前田かおり)

あらすじは?

梨泰院クラス
主人公パク・セロイ

 物語は主人公のパク・セロイ(パク・ソジュン)が高校3年生のときから始まる。正義感の強いセロイは同級生いじめをしていた大手飲食チェーン・長家(チャンガ)の御曹司グンウォン(アン・ボヒョン)が許せず、殴ってしまう。彼の父である会長デヒ(ユ・ジェミョン)に「土下座して謝罪しろ」と求められるが、セロイは断固拒否して退学に。その後、不運にも父ソンヨル(ソン・ヒョンジュ)がひき逃げ事故で死亡する。

ADVERTISEMENT
梨泰院クラス
セロイと敵対する長家の会長

 犯人がグンウォンだったと知ったセロイは彼に暴力を振るい、その罪で刑務所行きに。一方、グンウォンはデヒが手を回して罪を逃れる。人生が激変したセロイだったが、2年後出所すると、それから7年間働き貯めた資金をもとにソウルの中でも国際色豊かな街、梨泰院に小さな居酒屋「タンバム(=甘い夜)」を開店し、仲間とともに外食業界のトップを目指すことで長家への復讐を果たそうとする。

何より、魅力的な主人公パク・セロイ

梨泰院クラス

 大ヒットの要因の一つは韓国版・半沢直樹というキャッチーな例えで紹介された復讐劇にある。全てを失ったセロイが復讐を誓って、自分の店タンバムを人気店に押し上げていく。それを知った会長デヒはあの手この手で潰しにかかる。「やられたらやり返せ」の攻防戦が繰り広げられるが、獄中の2年間、計画を練りに練り、準備万端のセロイは少々のことではうろたえない。

 一歩も二歩も先を行くセロイの読みが痛快で、クライマックスへと向かう展開が楽しみになる。ちなみに、日本版ではこの宿敵を「半沢直樹」での“土下座”演技が伝説と化している香川照之が演じるだけに、SNS上では「これほどのハマリ役はない」「どんな土下座が見られるのか」など期待が高まっている。

梨泰院クラス

 何より、魅力的なのは主人公セロイのキャラクターだ。人一倍、正義感が強く、長い物には巻かれろという事なかれ主義が当たり前の世の中で、相手が誰であろうと動じない。あるトラブルが起こったとき、穏便に処理しようと「1回だけ我慢すれば……」と言われたセロイは「その1回を繰り返すうち、人は変わる」と言って信念を貫く。

 商売人であり、高いビジネススキルを発揮していくセロイだが、易きに転じないところが潔いというか愚直というか。そしてセロイはどんな時も仲間を大事にする。セクシャリティーや人種で世間から差別に遭うスタッフも全力で支え、「商売は人との信頼」と仲間と店を盛り立てていく。「世の中は弱肉強食」と語り、逆らう者は身内ですら容赦しない長家会長のデヒとの違いが際立つだけに、二人の戦いが一層面白味を増していく

梨泰院クラス
スア派?イソ派?なんて語りたくなっちゃう

 一方、セロイは恋愛だけはからきしダメ。初恋の相手で長家の敏腕社員になりながらセロイを待つスア(クォン・ナラ)と、彼に惚れ込んでタンバムのマネージャーになり、店を人気店にしていくイソ(キム・ダミ)、対照的な2人の女性の間で右往左往。そんな恋の行方も見ものだ。

ADVERTISEMENT

キャストたちも大注目

梨泰院クラス

 そして、キャスト陣も絶妙だ。セロイ役のパク・ソジュンは、本作前は「彼女はキレイだった」「キム秘書はいったい、なぜ?」などでヒットを放ってきたラブコメの神だが、本作で男気あふれる無骨な男を熱演し、世界的な知名度もうなぎのぼり、2023年にはマーベル映画『ザ・マーベルズ(原題) / The Marvels』でハリウッド進出を果たす。

梨泰院クラス

 タンバムのスタッフを演じた俳優たちのブレイクぶりもハンパない。押しかけマネージャー、イソ役のキム・ダミは2018年の主演映画『The Witch/魔女』で注目され、怪物新人と呼ばれており、その力を初ドラマの本作でも証明。Netflixシリーズ「その年、私たちは」では青春ラブストーリーに挑戦し、新しい魅力を放っている。

梨泰院クラス
グンウォン役のアン・ボヒョン

 元ヤクザのスングォン役のリュ・ギョンスは「地獄が呼んでいる」に出演したほか、トランスジェンダーの料理人ヒョニ役のイ・ジュヨンとともに、是枝裕和監督の映画『ベイビー・ブローカー』にも出演。悪役グンウォンを演じたアン・ボヒョンも大出世。ハン・ソヒ主演の「マイネーム:偽りと復讐」ではヒロインに寄り添う先輩刑事、「ユミの細胞たち」では恋する男を好演した。

梨泰院クラス

 そして、圧倒的な存在感で長家の会長デヒを演じたユ・ジェミョンは今や名バイプレイヤー。Netflixで配信中の傑作サスペンス「秘密の森」の検事役に、「ヴィンチェンツォ」の人権派弁護士、「未成年裁判」では狡猾(こうかつ)な政治家など同一人物か!? と思うほどの変幻自在ぶりを見せている。

Netflixシリーズ「梨泰院クラス」は独占配信中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT