ADVERTISEMENT

逞しさと軽やかさ

2021年12月22日 村松 健太郎 クライ・マッチョ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
クライ・マッチョ

91歳のクリント・イーストウッドの監督50周年、監督40作品目という節目の一本。
様々なヒーローを演じ、描き続けてきた漢が、いよいよその佇まいだけで逞しさを感じさせるようになってきました。
年齢的なことももちろんありますが、イーストウッドは劇中ではアクションと呼べるものはほとんどせず、発する言葉も短いワードだけです。
でもそこに込められているものは実に多く、心に沁みます。アクションが減っていく一方で、作品が纏う軽やさかとチャーミングさは年々増すばかり。
イーストウッドにとって老いとは進化だ。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆屋。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT