シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

橋爪功最強説。

  • 破門 ふたりのヤクビョーガミ
    ★★★★★

    原作小説の5作目を映画化したとはいえ、主人公・桑原と二宮の関係性がすでに出来上がっているという、大胆な構成に序盤は戸惑うだろう。そんななか、とにかくウサン臭い映画プロデューサーを演じる橋爪功の芝居は絶品で、観る者を終始イラつかせながら、ストーリーをどんどん引っ張ってくれる。また、ドラマ版の濱田岳に比べ、関ジャニ・横山の二宮は受けの芝居が若干弱い感もするが、未見であれば問題なく、ジャニーズの芸達者ぶりに、またも驚かされるだろう。Vシネのポスターに映る小林聖太郎監督作の常連、テントの最期の雄姿に胸熱くなるなか、『土竜の唄 香港狂騒曲』の香港に続いて、マカオロケが実景のみだったのは残念すぎる!

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『あの頃、君を追いかけた』『妻の愛、娘の時』『リグレッション』『ブレイン・ゲーム』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『榎田貿易堂』『ボス・ベイビー』『友罪』『フューチャーワールド』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「DVD&配信でーた」にてナタウット・プーンピリヤ監督、「CREA WEB」にて棚橋弘至インタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク