シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

一人ひとりが人生を背負った人間として息づく感情のスペクタクル

  • 3月のライオン 前編
    ★★★★★

     居場所を求め、「将棋しかなかった」少年が、プロとして自立する覚悟を描く前編。大友啓史演出は、悩み苦しみ闘い続ける普遍的な青春像を搾り出す。原作マンガからトレースしたキャラクターではなく、人生を背負った個々の人間が呼吸している。主要エピソードを満遍なく盛り込んでも、決して連続ドラマの総集編にならないのは、桐山零に同化した神木隆之介を始めとする俳優陣の一挙手一投足が、“行間”を十二分に埋めているから。対局シーンでは、ただ盤面を挟んで向き合う棋士同士の表情が映し出されるが、それは、横溢する感情のスペクタクルとして観る者を圧倒する。前後編公開という日本独自の興行形態には、このクオリティが必要だ。

⇒映画短評の見方

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター|1962年東京・新宿生まれ ●日藝映画学科中退後、映像制作会社や編プロ等を経て編集・文筆業●映画誌「PREMIERE」やSF映画誌「STARLOG」等で編集執筆●海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書に「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」、新潮新書「スター・ウォーズ学」(共著) ●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画制作で国際エミー賞、ギャラクシー賞、民放連賞 最優秀賞を受賞。

近況: ●映画.comコラム:世紀の問題作!「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を10倍味わうためのポイント10●雑誌「Pen」SF特集「ブレードランナー2049」インタビュー他●NHK BSプレミアム「ザ・ベストテレビ2017」出演●劇場パンフ「エイリアン:コヴェナント」映画評●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

» 清水 節 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク