シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ファンの期待を裏切らない新三部作の第一章

  •  3作目のアポロ計画程度では物足りない!といわんばかりに、アーサー王伝説をも担ぎ出す。そんな大風呂敷的なストーリーに“らしさ”を感じるシリーズ最新作。

     VFXを活かしたトランスフォームあり、都市破壊のスペクタクルありで、いつもながらのマイケル・ベイ演出の豪快さを満喫できるので、それを期待するファンを裏切ることはない。加えて、今回はスクラップ置き場やストーンヘンジなどの平原での見せ場も多く、怪獣映画的な興奮も体感できる。

     シリーズを俯瞰するとメガトロンが甦り過ぎ…という気もしないでもないが、新三部作の第一弾としては手堅い作り。ウォールバーグの今後の活躍への期待込みで★一個おまけ。

⇒映画短評の見方

相馬 学

相馬 学

略歴: アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況: スターチャンネルの無料放送番組『GO!シアター』に出演中。新作映画について語ります。

» 相馬 学 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク