ADVERTISEMENT

世界が滅びた時、人間に残されるものは何なのか?

2018年6月27日 なかざわひでゆき 死の谷間 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
死の谷間

 マーゴット・ロビーが『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』と『フォーカス』の間に主演した、3年以上も前の作品がようやくの日本公開だ。核戦争後と思われる終末世界。無学だが素朴で信心深い若い白人女性と、教養のある無神論者で合理主義の中年黒人男性が平和な共同生活を始めるも、そこへ若くて力のある白人青年が現れたことで、3人の関係に緊張が走っていく。
 果たして世界が滅びた時、人間に残されるのは知性なのか信仰心なのか、愛情なのか欲望なのか。宗教や人種など様々な問題を絡めながら観客に問いかけていくタイプの作品だ。かなり地味な映画ではあるものの、ほろ苦さを残す余韻の味わいなど悪くない。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT