音楽を奏でることの悦びが貧しい子供たちに未来への希望を与える

2018年8月18日 なかざわひでゆき オーケストラ・クラス ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
オーケストラ・クラス

 プロの音楽家として行き詰った中年バイオリニストが、多様な人種の集まる貧困地区の小学校の音楽講師となり、それぞれに複雑な問題を抱えた移民の子供らに音楽を教えるうち、自らも忘れかけていた音楽に対する純粋な愛情を取り戻していく。
 音楽を通して貧しい子供たちに未来への希望を与えるというテーマを含め、ブラジル映画『ストリート・オーケストラ』とかなり酷似したフランス映画。どちらも実在する音楽教育プロジェクトが元ネタになっている。それほどまでに、子供たちの貧困を取り巻く状況は世界共通の問題なのだろう。ストーリーは予定調和だが、丁寧かつ真実味のある人間描写のおかげもあって素直に感動できる作品だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]