更生を促すためには超絶ハードな刑務所が必要なのかも

2018年12月7日 山縣みどり 暁に祈れ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
暁に祈れ

薬物依存のイギリス人青年ビリーがタイの刑務所でムエタイに熱中することで再生を目指すという話だが、服役囚がどう見ても本物。エキストラの半数くらいはリアル犯罪者? しかもレイプや殺人、リンチ、薬物の売買が横行する刑務所内の状況が具体的で、恐怖を感じっぱなし。生き地獄に放り込まれ、逃げ場のない辛さたるや! 祈りは届くのか? 主人公も彼が親しくなるレディーボーイにも服役理由はあるのだが、同情せずにはいられない。こんなにハードな刑務所にはきっと、二度と犯罪に手を染めないと決意させる抑制力があるような気がする。ゴーン容疑者が留め置かれている日本の拘置所を地獄と糾弾するフランスのメディアに見せたいよ。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]