シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ディズニーの横暴さを目の当たりにする!!

  • シュガー・ラッシュ:オンライン
    ★★★★

    ネット世界だけに、ソニーの『絵文字の国のジーン』に先を越された感があるが、さすがはディズニー。プリンセスから『スター・ウォーズ』、マーベルまで、自社キャラを大挙登場させる横暴っぷり。よって、オフィシャル・サイトのシーンは、『レディプレ』以上の熱量とテンションを体感できる。しかも、『ワイスピ』に影響を与えた「グラセフ」風ゲームではガル・ガドットが声をアテるなど、小ネタの数は前作の比じゃない! ネットの誹謗中傷の件もサラリ描くあたりもなかなかだが、ストーリーに関しては、ラルフとヴァネロペの関係性をどう完結させるかに焦点を当てすぎたあまり、前作のインパクトには欠けている。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ギャングース』『あの頃、君を追いかけた』『妻の愛、娘の時』『リグレッション』『ブレイン・ゲーム』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『榎田貿易堂』『ボス・ベイビー』『友罪』『フューチャーワールド』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「CREA WEB」にて玉城裕規、「TV LIFE」にてJ☆Dee'Zインタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク