シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アンジーの美しさを堪能、さらにオマケが充実!

  • マレフィセント2
    ★★★★★

     妖精たちが暮らす光に満ちた森、マレフィセントの眷属たちが住む闇を孕む山、そして人間の王族が住む壮麗な城、3つの異なる世界のデザインがそれぞれ魅力的。妖精たちの種類は前作より増えて、綿毛のように浮遊する妖精、二足歩行の爬虫類のようなブキミ可愛い妖精、エントのように歩く樹木などどれも楽しい。また、タイプの違う美女3人、マレフィセント、オーロラ、女王の華麗なドレス合戦も見もの。英国男優も豊作で、マレフィセントの部下のカラス役はサム・ライリー。王子役は「キングスマン」シリーズ最新作のハリス・ディキンソン。「アリータ:バトル・エンジェル」ではイロモノ系だったエド・スクラインもいい役で見せ場あり。

⇒映画短評の見方

平沢 薫

平沢 薫

略歴: 映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況: 高校生たちの生徒会長選挙運動を描くブラック・コメディ「ザ・ポリティシャン」@Netflixを見始めたら、毒がキョーレツ。タイトルからして今のアメリカの政治家ネタで、それを描くならここまでドギツくないとリアルじゃないってことなのだなぁとは思いつつ、笑いもコワバるw

» 平沢 薫 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク