直接対話がなかなかできない現代人は圧倒されるはず

2020年3月19日 山縣みどり 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実

三島由紀夫と東大全共闘の討論会映像を軸に作家の思想と行動、彼の人となりが再構築されていく。討論会MCを務めた木村修氏や今なお舌鋒鋭い芥正彦が語る三島像、内田樹や平野啓一郎らの洞察、そして三島を敬愛する楯の会メンバーの証言をバランスよくまとめた監督の手腕と編集がお見事。皇国思想を持つ作家が敵だらけの東大に乗り込み、激昂することなく学生の主張を聞き、考えを理路整然と口にする討論会の熱に圧倒された。ネットに悪口を書き込んで溜飲が下がるという人を否定する気は無いが、直接対話で思想をぶつけ合う姿に目からウロコが落ちる思い。憲法改正を訴える安倍首相とは思想も手法もまったく違うな〜と思った次第。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]