人生の素晴らしさを教えてくれる瑞々しいバカンス映画

2020年3月20日 なかざわひでゆき 恐竜が教えてくれたこと ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
恐竜が教えてくれたこと

 地球最後の恐竜は、果たして自分が最後の恐竜だと知っていたのか?生と死について考え始めた思春期の多感な少年が、家族と夏休みを過ごすオランダ北部の小さな島で複雑な事情を抱えた少女と出会い、淡い初恋を経験することで生きることの素晴らしさを知ることになる。人はなぜ、いずれ死ぬことが分かっているのに生きるのか。子供でなくとも誰もが一度は考えたことがあるだろう素朴な疑問に対し、主人公サムがたどり着くひとつの答えは、むしろ人生経験を重ねてきた大人にこそ響くものがあるかもしれない。ヨーロッパの風光明媚な避暑地を舞台にした瑞々しいバカンス映画としても魅力的。なんとも愛らしい作品だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]