心で闘ってきたボンドの最後の雄姿

2021年10月1日 村松 健太郎 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

思えばデビュー作の『カジノ・ロワイヤル』から常にパーソナルな部分の闘いを強いられてきたダニエル・クレイグのボンド。その最後の闘いもまた非常にその部分を突き詰めたものになっています。“007映画”としての在り方としては賛否両論が出ると思いますが、ダニエル・クレイグのボンドの最後の闘い物語としてはこの物語が最適解だったのではないかと思います。
アクション・ガジェット・ユーモア・セクシーさ、どの部分もボリューム満点です。シリーズ最長の上映時間の作品となりましたが、全く飽きさせることなく一気に駆け抜けます。ありがとう、そしてさようなら。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆屋。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]