玉森裕太~自然体に秘めたストイック 憂いのある演技が光る注目株

銀幕のジャニーズ

 映画で活躍する銀幕ジャニーズを俳優としての面にフォーカスして、デビュー作から最新作まで、どんな俳優なのかを連載します。第3回目は、自然体に秘めたストイック、憂いのある演技が光る注目株、玉森裕太

【銀幕のジャニーズ 連載第3回】

玉森裕太

 2002年、ジャニーズ事務所入所。当初は「DREAM BOYS」など舞台への出演が多く、同作品ではのちに主演もつとめている。2011年9月にKis-My-Ft2のメンバーとしてCDデビュー。デビュー前後にはドラマへの出演が相次ぎ、13年「信長のシェフ」にてドラマ単独初主演。以降、現在に至るまで、主演・助演問わずコンスタントにドラマ・映画に出演している。19年のドラマ「グランメゾン東京」での好演は、一般視聴者層の間でも話題となった。

[PR]

映画デビュー作 『ごくせん THE MOVIE』(2009年7月11日公開)

高杉怜太 役(当時19歳)

 ドラマデビュー作でもある「ごくせん卒業スペシャル'09~ヤンクミ最後の卒業式~」に引き続き、主要生徒・高杉役で出演。同ドラマシリーズは、名立たる先輩ジャニーズが出演してきたスターへの登竜門。CDデビュー前にも関わらず、すでに人気を確立していた玉森への期待値がうかがえる。

 現在のほんわかとした雰囲気をもつ玉森とは異なり、金髪姿と反抗的な目つきが印象的。クールな態度に漢気を秘めた、札付きのワルを演じた。共演者には賀来賢人森崎ウィンなど、いま注目の俳優たちが名を連ねている。

ドラマデビュー作:「ごくせん卒業スペシャル'09~ヤンクミ最後の卒業式~」(2009年3月28日)

高杉怜太 役(当時19歳)

 ドラマデビューは、映画に先駆けて放送された「ごくせん」の単発ドラマ。以降「幸せになろうよ」や「ATARU」に出演し、助演として経験を積みながら「美男(イケメン)ですね」では主演メンバーのひとりを、「信長のシェフ」では単独主演をつとめる。ゴールデン初主演作「ぴんとこな」では歌舞伎に挑戦。才能ある歌舞伎界の御曹司役に奮闘した。

映画俳優としての主な活躍

 すっかり安定した演技を見せる俳優だと思っていたのだが、現在までに5本と、意外にも映画出演が少ないことに驚く。

 2019年には、映画『パラレルワールド・ラブストーリー』に主演、ドラマ「グランメゾン東京」に出演した。アイドルとしての本業に身を置きながら、年間2本の映像作品への出演は、本数として見れば決して少なくはない。しかし、俳優としての玉森を「もっと観たかった」という思いから、どうも少なく感じてしまう。

 いずれの作品においても、玉森の演技に対し、一般視聴者層から好評価の声があがった。これまで、ひとつひとつの作品に対し全力で打ち込んできた結果が実を結び始めている。

 役者「玉森裕太」を観察してみる。相当な努力型か、はたまた天才型か。玉森は、その恵まれた容姿と抜群のスタイルを持ちながら、違和感なく「普通の男」を演じられる。ジャニーズにおいては稀有な存在だ。助演・主演問わず演じられるのも彼の強みである。役を理解して入り込み、役を生きるタイプの役者だからこそ、作品にうまく融和する。

 陰が似合い、陰を魅力とする役者でもある。『パラレルワールド・ラブストーリー』では、異なる2つの世界に翻弄される男を演じた。その佇まいには、アイドルらしからぬ憂いがあった。同作品の撮影中には、監督から相当追い込まれたというが「仕事と思えばやり切れる」と、カラッとコメントしていたのも印象的だ。

 ほんわかした笑顔に秘めた、動じることのない芯の強さ。このつかみどころのなさも彼の魅力だろう。

 ジャニーズの演技派として「玉森裕太」が本格的に注目される時代が、ようやくそこまで来ているのを感じる。少々遅すぎるくらいだが。

[PR]

最新作:『パラレルワールド・ラブストーリー』 (2019年5月31日公開)

 原作は、作家・東野圭吾原作のベストセラー小説。2つの異なる世界(パラレルワールド)を行き交う3人の男女が織りなす複雑な恋愛模様を、原作に忠実に描いた作品。脳の研究を行う「バイテック社」に勤める主人公・敦賀崇史(玉森)と、崇史の幼馴染であり良きライバルである三輪智彦(染谷将太)、智彦の恋人であり、かつて崇史が想いを寄せていた女性・津野麻由子(吉岡里帆)が物語の中心だ。

 ある日、智彦が崇史に恋人を紹介したことから物語は動き始める。崇史が目を覚ますと、麻由子は自分の恋人として朝食を作っていた。麻由子が「親友の恋人」である世界と「自分の恋人」である世界。2つの世界の存在に、崇史は翻弄されていく。   

 ベストセラー作品の実写化という重みを背負い、複雑なストーリー構成をもつ作品に悩みながらも、全力で撮影に打ち込んだ玉森。本作を「俳優・玉森裕太を生み出す覚悟で臨んだ作品」と語った森義隆監督は、撮影中、玉森をとことん追い込んだのだそうだ。

 完成披露試写会では「魂をこめた作品」と玉森は語った。撮影期間中には常に役を意識し、集中を切らさず、その入り込みようには周囲が心配するほどだったという。

 1度だけではなく2度、3度観ることで新しい側面が見えてくる作品。劇中で玉森が見せる、苦悩や哀愁を帯びた表情には、俳優として、男性としての成長を感じさせる。

[PR]

玉森裕太フィルモグラフィー

【映画】

ごくせん THE MOVIE(2009年7月11日公開)
高杉怜太 役(若手人気ジャニーズ登竜門への抜擢)

劇場版 私立バカレア高校(2012年10月13日公開)
真嶋ケンジ 役(ジャニーズ×AKB48という挑戦作。Kis-My-Ft2からは玉森、宮田俊哉が出演)

劇場版 ATARU-THE FIRST LOVE & THE LAST KILL-(2013年9月14日公開)
蛯名昇 役(テレビドラマ「ATARU」の劇場版作品かつ続編)

レインツリーの国(2015年11月21日公開)
主演:向坂伸行 役(映画初主演作。主題歌であるKis-My-Ft2「最後もやっぱり君」は、つんく♂による作詞作曲)

『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日公開)
主演:敦賀崇史 役(実写不可能とも言われたベストセラー小説の映画化)

【ドラマ】

「ごくせん卒業スペシャル'09~ヤンクミ最後の卒業式~」(2009年3月28日)
高杉怜太 役

「幸せになろうよ」(2011年4月18日 - 6月27日)
柳沢優次 役

「美男(イケメン)ですね」(2011年7月15日 - 9月23日)
主演:桂木廉 役

「最高の人生の終り方~エンディングプランナー~」  第1話・第2話(2012年1月12日・19日)
倉木陽一郎 役

「ATARU」(2012年4月15日 - 6月24日)
蛯名昇 役

「ATARUスペシャル~ニューヨークからの挑戦状!!~」(2013年1月6日)
蛯名昇 役

「信長のシェフ」(2013年1月11日 - 3月15日)
主演:ケン 役

「ぴんとこな」(2013年7月18日 - 9月19日)
主演:河村恭之助(本名:河村猛) 役

世にも奇妙な物語'14春の特別編「ニートな彼とキュートな彼女」(2014年4月5日)
主演:秋田雅志 役

「信長のシェフ2」(2014年7月10日 - 9月4日)
主演:ケン 役

「平成舞祭組男」 第1話(2014年10月18日)
パクパク製菓のCMタレント 役

「銭の戦争」(2015年1月6日 - 3月17日)
白石光太郎 役(特別出演)

ほんとにあった怖い話 夏の特別編2015「どこまでも憑いてくる」(2015年8月29日)
主演:鈴木翔太 役

「青春探偵ハルヤ~大人の悪を許さない!~」(2015年10月15日 - 12月24日)
主演:浅木晴也 役

「リバース」(2017年4月14日 - 6月16日)
浅見康介 役

「重要参考人探偵」(2017年10月20日 - 12月8日)
主演:弥木圭 役

世にも奇妙な物語'19雨の特別編「さかさま少女のためのピアノソナタ」(2019年6月8日)
主演:黒木聖 役

「グランメゾン東京」(2019年10月20日 - 12月29日)
平古祥平 役

Paraviオリジナル ストーリー「グラグラメゾン東京~平古祥平の揺れる思い~」(2019年10月23日 - 配信中)
主演:平古祥平 役

(文・新 亜希子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]