どなたでもご覧になれます

誘拐ラプソディー (2009)

2010年4月3日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
誘拐ラプソディー
(C) 2009「誘拐ラプソディー」フィルムパートナーズ

見どころ

借金まみれでくたびれた人生を送る主人公が、ヤクザの組長の息子を誘拐したために逃げ回るハメになるロードムービー。荻原浩原作の「明日の記憶」を基に、俳優としても数々の出演作を誇る榊英雄監督が映像化。主人公・伊達を演じるのは『特命係長 只野仁』シリーズの高橋克典。逃避行の過程で不思議なきずなで結ばれる伊達と組長の息子の友情劇や、ヒロイックなイメージを封印して全編作業着姿でダメ男を妙演する高橋のキャラクターに注目。

あらすじ

返すあてのない借金だらけで、人生にくたびれた前科者の伊達秀吉(高橋克典)は自殺を考えるが死に切れず、金持ちの子どもである篠宮伝助(林遼威)を、人生一発大逆転のチャンスと考えて誘拐してしまう。ところが、運が悪く、伝助はヤクザの組長の息子だったために、秀吉はヤクザの手下と警察の両方に追われてしまい……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 角川映画
カラー
(角川シネマ新宿 ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]