シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ピーターラビット
英題:
PETER RABBIT
製作年:
2018年
製作国:
イギリス/オーストラリア/アメリカ
日本公開:
2018年5月18日
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

見どころ:世界中で親しまれているビアトリクス・ポターの人気絵本を実写映画化。イギリスの湖水地方を舞台に、いたずら好きなうさぎの日常や恋のエピソードを、実写とCGアニメーションを織り交ぜて描く。ドラマシリーズ「ダメージ」などのローズ・バーン、『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』などのドーナル・グリーソンらが出演するほか、声の出演にジェームズ・コーデン、マーゴット・ロビー、デイジー・リドリーら。『ANNIE/アニー』などのウィル・グラックがメガホンを取った。

あらすじ:イギリスの湖水地方。いたずら好きなうさぎのピーターと心優しい女性ビア(ローズ・バーン)が暮らす家の隣に、ロンドンから神経質そうな青年マグレガー(ドーナル・グリーソン)が引っ越してきた。彼がビアに惹(ひ)かれたことで、ピーターとマグレガーはライバル関係になる。さまざまないたずらを仕掛けるピーターに、マグレガーも反撃を試みるが……。

ピーターラビット

映画短評

  • 山縣みどり
    原作とは一味違うやんちゃなうさぎがキュート
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    世界中で愛されている絵本に現代風なひねりを加えたチャーミングな作品。ドラマはテンポよく進んでいく上、ユーモアがふんだんに散りばめられているので大人から子どもまで幅広く楽しめるはず。また冒頭で4羽のスズメがうたう場面があったりとミュージカル要素もプラスされていて、『アナ雪』好きも満足? それにしてもCGの進化には驚く! ピーターと家族の毛並みはテッドよりももふもふだし、おまぬけな豚やハリネズミのティギーおばさんといった仲間たちの再現度の高さにはただもう感動。ジェイムズ・コーデンが声を当てているせいか、ピーターはいたずらつ子というよりもヤンキーっぽい雰囲気。これは原作ファンには意外かもしれない。

  • なかざわひでゆき
    原作を大胆に換骨奪胎した現代版ピーター・ラビット
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     世界中で親しまれる絵本を換骨奪胎した実写版。ブラックなユーモアとアクションが満載のアップテンポなノリは、牧歌的でのどかな原作本やテレビ版をこよなく愛する人ほど抵抗感を覚えるかもしれないが、しかし好奇心旺盛な腕白坊主ピーター・ラビットのキャラには原作の精神がしっかりと宿る。現代仕様のアップデートとして、恐らくこれは正解なのだろう。
     動物嫌いのマクレガー青年との仁義なきバトル、そんな宿敵と動物好きな女性ビアの恋路の妨害作戦を軸とした展開は極めてベタだけど、まあ、あくまでもファミリー映画ですからね。マーゴット・ロビーにデイジー・リドリー、さらには歌手Siaまで動員した豪華な動物声優陣も要注目。

  • くれい響
    トマトとダイナマイト飛び交う、お隣さん戦争
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ピーターラビットと仲間たち/ザ・バレエ』での優雅なイメージが強いほど、ヒップホップ&ブラック・ユーモアで幕を開ける今回の実写版には、ド肝を抜かされる。つまり、原作ファンは激怒必至なのだが、ソニー・ピクチャーズ アニメーションの新作と割り切って観ると、とにかく痛快! “お隣さんは邪悪ウサギ”といった初期設定は『ネイバーズ』であり、ヌルい『ピンク・フラミンゴ』ともいえる嫌がらせバトルの行く末は、トマトとダイナマイトが飛び交う大戦争に突入する。ウィル・グラック監督だけにラブコメとしての仕上がりは保証できるうえ、『ANNIE/アニー』では失敗に終わった大幅なアレンジも、今回は成功したといえるだろう。

  • 斉藤 博昭
    ウサギも人間も、ダークサイドがチラつくのが楽しい
    ★★★★
    »読む«閉じる

    おなじみの絵柄の一般向けイメージに沿い、ほんわかスイート味の映画に仕上がってたらどうしよう……と思って観たところ、いい方向へ期待が裏切られて安堵。「お父さんが人間にパイにされた」など原作のブラックな味付けにも言及し、ウサギvs.人間のかなり邪悪なバトルを徹底的にテンポよく、そして痛快に展開し、固定イメージを大胆に軽々と超越する。映画化するなら、これくらいやらないと意味ないでしょ!

    その大胆なチャレンジを成功に導いたのがドーナル・グリーソンで、ウサギからの攻撃に七転八倒する動きなど、マンガ的アクションを見事にこなす。『スター・ウォーズ』の口ばっかりの悪役といい、“香ばしい”演技に開眼して好感。

  • 平沢 薫
    実はピーターラビットはこんなキャラかも
    ★★★★
    »読む«閉じる

     しっかりピーターラビットの世界でありつつ、現代版にアップデート。このコンセプトが徹底されているのがいい。ピーターは、ラップもすれば夜のホームパーティも主催するイケてるウサギだが、もともと原作のピーターもいたずら好きのオチャメなウサギ。なるほど現代ならこういうノリのキャラかも。
     基本は原作通り、英国の田園、上着を着た小動物たち。キャラの容姿も絵本の雰囲気を活かしたもの。それでいてスピード感はたっぷり、ちょっとブラックなギャグもあり、ナレーションの「おとぎ話ならこうだろうけど」など、メタフィクション風味もプラスされている。動物たちの動きの、人間的所作と動物特有の動作の配合の妙も見どころだ。

予告編・動画

マクレガーさんと壮絶バトル!映画『ピーターラビット』予告編
映画『ピーターラビット』日本版特報
キュートな動物たちにくぎ付け!映画『ピーターラビット』特別映像
千葉雄大、ピーターラビットの愛されキャラは自分と同じ!?映画『ピーターラビット』ジャパンプレミア試写会 その1

» 『ピーターラビット』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

ポスター/チラシ

  • 映画『ピーターラビット』ポスター
    ポスター
  • 映画『ピーターラビット』チラシ
    チラシ
  • 映画『ピーターラビット』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ピーターラビット』うさ耳スマホバンパー
    うさ耳スマホバンパー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


キャスト

ピーターラビット:
トーマス・マクレガー:
フロプシー:
カトンテール:
マグレガーおじさん:
フェイサル・バッジ:
ジェレミー・フィッシャー:
ティギーおばさん:
ベンジャミン・バニー:
ジマイマ・パドルダック:
トミー・ブロック:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ピーターラビット』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『ピーターラビット』★vsマグレガー:そこまでやるバトルも可愛い(^^)/ from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2018年5月19日 23時48分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/174124/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 かわいいウサギちゃんの、 ほのぼのモフモフファンタジー…ではない。(^^♪ 冒頭から、本作は教育的な話ではないーと先制される。 そもそも原作も、ピーターのパパはミートパイにされてるし。(>____ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年5月14日の週の公開作品
  3. 『ピーターラビット』