フィリップ・ド・ブロカ監督、死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『リオの男』や『おかしなおかしな大冒険』で知られるフランスのコメディ監督、フィリップ・ド・ブロカ監督が、ガンのため死去した。享年71歳。ブロカ監督は、クロード・シャブロル監督やフランソワ・トリュフォー監督らの助監督を務めた後、1959年に監督デビュー。以後、40年にわたるキャリアで30本以上の映画を作っている。フランスのシラク大統領は「フランス映画界は大きな才能を失った。彼は熱意と想像力を持った監督で、フランスに素晴らしいコメディを与えてくれた」と語った。[11月28日 パリ]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]