ダコタ・ファニング、児童文学の映画化作品へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 現在スティーヴン・スピルバーグ監督の新作『ウォー・オブ・ザ・ワールド』(原題)を撮影中のダコタ・ファニングが、パラマウント・ピクチャーズによる児童文学の映画化作品『シャーロットズ・ウェッブ』(原題)へ出演することが明らかになった。原作は『スチュアート・リトル』の原作者として知られるE.B.ホワイトの「シャーロットのおくりもの」で、農場に住むクモのシャーロットがハムにされる子豚のウィルバーを救うために奇跡を起こす心暖まる物語だ。映画は実写とCGアニメを組み合わせた作品となり、監督は『エイプリルの七面鳥』のプロデューサーであるゲイリー・ウィニックがあたり、脚本は『エリン・ブロコビッチ』のスザンナ・グラントと『チキンラン』のカレイ・カークパトリックが手掛け、撮影は来年1月末からオーストラリアのメルボルンで開始される予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]