ジョージ・ルーカス、『スター・ウォーズ』新作のレーティングを予想

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大人向けの作品に仕上げたジョージ・ルーカス監督

 ジョージ・ルーカス監督が、シリーズ最終章、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のレーティングについて、13歳未満の年少者は保護者の同意が必要となるPG-13を予想している。これまでよりもダークで悲劇的な内容だが、前2作品では保護者の指導が求められるPG指定にとどまっており、このシリーズでPG-13指定が付けられたのは初めてのこと。ルーカス監督は、「今回の作品は、5歳や6歳の子に見せるにはやや強烈だろう。多分、PG-13が付けられるだろう」と語っている。[ニューヨーク 3月10日]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]