『アイランド』は旧作カルト映画のクローン?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヒットメーカーの大物、マイケル・ベイ監督

 独立系の映画会社が、マイケル・ベイ監督の最新作『アイランド』について、自分たちの映画のクローン作品だとして訴訟を起こした。『アイランド』では、ユアン・マクレガー演じる主人公が、自分がクローンであることを知るが、その設定は、1979年の『クローン・シティ/悪夢の無性生殖(未)』と酷似している。現在カリフォルニアの大学で映画の教授をしている『クローン・シティ』の元プロデューサーは、「『アイランド』を見に行って、開いた口がふさがらなかった。これは僕たちの物語だからね。物語が世に知られて嬉しい気もするが、映画の倫理はどこに行った? と感じるよ」と語っている。物語の相違は、プレミア誌など複数の出版物やウェブサイトでも指摘されていた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]