ナタリー・ポートマン、『ミュンヘン』の内容の半分は賛同できない

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ナタリー・ポートマン

 イスラエル生まれのナタリー・ポートマンが、スティーヴン・スピルバーグ監督の『ミュンヘン』について、興味深い映画だと思ったものの、内容の半分は賛同できないとコメントした。「でも、政治映画を作るということは、人が嫌うかもしれない、賛同しないかもしれないものを作ることだと思うの」という。ポートマンは自分の新作『V・フォー・ヴェンデダ』(原題)も、人によっては反ファシズムだと受け取られるかもしれないと言っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]