シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「パク・ヘイル」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全10件)

天命の城
『エターナル』などのイ・ビョンホンと『あなた、そこにいてくれますか』などのキム・ユンソクを主演に迎えた歴史ドラマ。明の衰退により勢力を増した清が朝鮮に触手を伸ば...・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』などのパク・ヘイルが好演。『トガニ 幼き瞳の告発』などのフ...
2018年6月22日公開
ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女
大韓帝国初代皇帝の娘として生まれながら、日韓併合という歴史の波にのまれ波乱の人生を送った皇女の実話に創作を交えたドラマ。日本統治時代、強引に日本へ留学させられた...少尉になった幼なじみのキム・ジャンハン(パク・ヘイル)と再会。ジャンハンは祖国の独立運動のメ...
2017年6月24日公開
提報者 ~ES細胞捏造事件~
ヒトの体細胞からES細胞を作製してノーベル賞を有力視された韓国人科学者の論文がねつ造だったことが発覚し、スキャンダルとなった実話を基にした実録サスペンス。韓国の誇...ジャーナリスト役は、『殺人の追憶』などのパク・ヘイル。監督は、『私たちの生涯最高の瞬間』など...
2015年10月3日公開

特集・連載記事 (全3件)

『グエムル -漢江の怪物-』ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ単独インタビュー
『JSA』や『大統領の理髪師』などの話題作に出演し、韓国の実力派俳優として人気を誇るソン・ガンホ。そして『子猫をお願い』や『リンダ リンダ リンダ』などへの出演で日本...うことですね。 ソン:わたしの弟役を演じたパク・ヘイルさんがよくおっしゃっているのですが、わた...
2006年8月28日掲載
【私的映画宣言】セカンドシーズン2006年9月
故郷の唯一の映画館が閉鎖するというニュースにショック。映画にのめりこんだ10代の一時期、そこは自分にとって確かに世界の中心だった。エグいホラーでも血みどろバイオレ...ダ』のペ・ドゥナ、弟役を『殺人の追憶』のパク・ヘイルが演じている。『ロード・オブ・ザ・リング...
2006年8月22日掲載
第18回東京国際映画祭コンペ作品見どころ
<コンペティション部門> バイ・バイ・ブラックバード 美しく幻想的な悲恋の物語 監督:ロビンソン・サヴァリィ 出演:ジェームス・ティエレー、イザベラ・マイコ 見どころ:写...アルな恋愛白書 監督:ハン・ジェリム 出演:パク・ヘイル、カン・ヘジョン 見どころ:本作で監督デビ...
2005年10月26日掲載

映画ニュース (全5件)

『高齢化家族』パク・ヘイル、次に撮りたい作品は養豚のCM?<韓国JPICTURES>
[韓国 8日 JPICTURES]4月8日、パク・ヘイルが養豚のCMを撮りたい気持ちをほのめかした。ソウル鴨鴎亭(アックジョン)洞CGV鴨鴎亭(アックジョン)で開かれた映画『高齢化...族』制作報告会に、ソン・ヘソン監督と俳優パク・ヘイル、ユン・ジェムン、コン・ヒョジン、ユン・...
2013年4月10日掲載
ムン・チェウォン、キム・ハヌル「第33回青龍映画賞ハンドプリンティング」に参加<韓国JPICTURES>
[韓国 21日 JPICTURES]「第33回青龍映画賞ハンドプリンティング」イベントが11月21日にソウル、汝矣島(ヨイド)CGVで行われた。イベントでは、去年青龍の栄光を手にした...『神弓-KAMIYUMI』で主演男優賞を受賞したパク・ヘイルと『ブラインド』で主演女優賞を受賞したキ...
2012年11月22日掲載
世界が絶賛する巨大魚介類の大暴れ映画『グエムル』日本上陸!
今年5月のカンヌ国際映画祭で“最高作”として各国メディアで注目を集めた韓国映画『グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-』の来日記者会見が都内で行われ、“韓国のスピルバーグ”...監督をはじめ、ソン・ガンホ、ペ・ドゥナ、パク・ヘイル、ピョン・ヒボン、コ・アソンらが登壇した...
2006年8月1日掲載
『ナルニア国物語』『ロード・オブ・ザ・リング』に続くのは韓国産映画!
8日、ソウル市内のホテルでソン・ガンホ最新作『グエムル−漢江の怪物』の製作発表会が行われた。 本作は、韓国のシンボルともいえる川・漢江(ハンガン)に正体不明の恐ろ...輸出も決定している。キャストはそのほか、パク・ヘイル(『殺人の追憶』)、『リンダリンダリンダ...
2006年6月14日掲載
第18回東京国際映画祭のラインナップが決定!
10月22日から30日まで開催される第18回東京国際映画祭のラインナップが発表された。 今年はオープニング作品に中国のチャン・イーモウ監督、高倉健主演の『単騎、千里を走る...『恋愛の目的』 監督:ハン・ジェリム 出演:パク・ヘイル ■『サングレ』 監督:アマ・エスカランテ...
2005年9月21日掲載