レイチェル・ワイズ、恋人の作品を擁護

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
首ったけ。 - Jeff Vespa / WireImage.com / MediaVast Japan

 レイチェル・ワイズが、ヴェネチア国際映画祭に参加し、新作『ザ・ファウンテン』(原題)のワールド・プレミアに出席した。本作は、異なる世紀の3つのストーリーを平行して描いた作品で、ワイズの婚約者であるダーレン・アロノフスキーが監督を担っているが、批評家からは厳しい評価を受けている。これに対しワイズは「この作品が、他とまったく違っているという点は、素晴らしいと思うわ。ダーレンとはまたぜひ仕事がしたい」と、擁護のコメントをしている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]