ジョニー・デップ、ブリット・アワードでプレゼンターに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョニー・デップ

 かつてはミュージシャンになる夢も抱いていたジョニー・デップが、2007年の2月に開催される音楽の祭典、ブリット・アワードでプレゼンターを務めることになった。この賞はイギリスのグラミー賞とも呼ばれる音楽賞で、デップは、イギリスのバンド、オアシスに特別功労賞を授与する。デップは、ケイト・モスと交際中に、モスがオアシスのノエル・ギャラガーの恋人と友人だったことからこのバンドと交流が始まり、ヒット・アルバム「ビー・ヒア・ナウ」に収録されているナンバー、「フェイド・イン・アウト」ではギターとして参加している。ブリット・アワードの関係者が大衆紙「ザ・サン」に語ったところでは、「今年はまた授賞式が生放送になるから、プレゼンターにジョニー・デップのような大物が加われば、さらに盛り上がるだろう」とのこと。授賞式は2月14日にロンドンで開催される。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]