ジェラール・ドパルデュー、伝説の犯罪者を描く超大作に出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェラール・ドパルデュー - George Pimentel / WireImage.com / MediaVast Japan

 ジェラール・ドパルデューが、フランスの伝説の犯罪者ジャック・メスリーヌの半生を描く新作映画へ出演することが決まった。作品は、『デス・インスティンクト』(原題)と『パブリック・エネミー・ナンバーワン』(原題)という2本の映画で完結する超大作で、メスリーヌ役はヴァンサン・カッセルがふんする。カッセルの父親であるジャン=ピエール・カッセルと『愛してる、愛してない...』のサミュエル・ル・ビアン、『ある子供』のオリヴィエ・グルメ、『世界でいちばん不運で幸せな私』のジル・ルルーシュも出演し、エヴァ・グリーンと『TAXi』シリーズのマリオン・コティヤールの出演も噂されている。監督はジャン=フランソワ・リシェがあたる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]