ウィリアム・ハート、『ハルク』再映画化作品へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ウィリアム・ハート - Jeff Vespa / WireImage.com / MediaVast Japan

 オスカー俳優ウィリアム・ハートが、マーヴェル・コミックスの人気漫画を映画化した『ハルク』を再映画化する『ジ・インクレディブル・ハルク』(原題)へ出演することが決まった。ハートがふんするのはハルクの恋人ベティ・ロスの父親であるサンダーボルト・ロス将軍役で、アン・リー監督の『ハルク』ではサム・エリオットがふんした役柄だ。超人ハルクことブルース・バナー役にはエドワード・ノートンがふんし、恋人ベティにはリヴ・タイラーが、悪役アボミネーションにはティム・ロスがふんする。監督は『トランスポーター』のルイ・レテリエがあたり、脚本は『X-MEN:ファイナル ディシジョン』のザック・ペンが手掛け、撮影は今夏からトロントで行われる予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]