チャウ・シンチー、故ブルース・リーのカトー役を演じる?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いやはや、いやはや。

 『少林サッカー』や『カンフーハッスル』のチャウ・シンチーが、今は亡きブルース・リーがアメリカでブレイクするきっかけとなった「グリーン・ホーネット」のカトー役を演じるかもしれない。ロサンゼルス・タイムズ紙が伝えたところによると、1966年から67年の間にアメリカで放映された人気テレビシリーズ「グリーン・ホーネット」の映画版で主演、脚本、製作総指揮を務める『40歳の童貞男』のセス・ローゲンがカトー役の第一希望としてシンチーを希望しているそうだ。「グリーン・ホーネット」は、1936年から放送された同名のラジオ番組が原作で、新聞社の二代目社長ブリット・リードと助手のカトーがブラック・マスクをつけて悪と戦うというもので、ブリット・リード役はローゲンが演じることが決まっている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]