オリラジ、濃厚キスシーンは目を閉じてマイクに……

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オリラジ最高!

 25日、リュック・ベッソン製作のカーアクション映画『TAXi(4)』が公開初日を迎え、日本語吹き替えを担当した人気お笑いコンビ、オリエンタルラジオが舞台あいさつを行った。『TAXi』シリーズで、日本語吹き替え版が公開されるのは初めて。オリラジの2人は、中田敦彦が主人公のダニエル、藤森慎吾がドジな刑事エミリアンを担当している。

 彼らにとって、今回が3回目の日本語吹替えチャレンジで「1回目は『ハイジ』のヤギ役、2回目は『ライアンを探せ』のカメレオン役だった。今回、やっと人間に出世できました」とうれしそうに語るのは、アッチャンこと中田。一方、眞鍋かをり演じる妻・ペトラとの濃厚キスシーンも話題の藤森は、目を閉じ、マイクに口づけしながらアフレコ風景を再現し、満員の客席を笑わせた。

 司会者から「今後も、このシリーズの吹き替えをやりたいですよね?」と話を振られると、2人そろって「もちろん!」と即答。しかし、中田は「次のパート5で、いきなり、タカアンドトシさんや、チュートリアルさんに変わったりしないでしょうねぇ……」と同じ吉本興業に所属する先輩芸人に仕事を奪われるのではないかと警戒(?)しているような発言をした。藤森も「皆さん、観た後、ブログとかで(オリラジが)良かったと書いてくださいね」と猛アピールした。

『TAXi(4)』はシネマ・ロサほかにて全国公開中
オフィシャルサイト taxi4.jp

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]