織田裕二、突然の登場にファン熱狂! 椿大神社に三十郎を奉納、自分はもうすぐ四十郎?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
重厚感は残しつつ、よりポップな作品に仕上がっています。

 28日、織田裕二主演の『椿三十郎』が、三重県にある椿大神社(つばきおおかみやしろ)に奉納された。“椿”つながりの縁あって、神社近くの椿会館では、初の一般向け試写会も開催され、120名が招待された。

 試写会終了後、サプライズゲストとして登場したのは織田本人。観客にはまったく知らされていなかったため、会場中がどよめきと歓声に包まれた。「驚かせるのが大好きなんです」とおちゃめに登場した織田は、映画の感想が気になるようで「いかがでしたか?」とちょっと心配そうに観客に尋ねると、120名の観客から一斉に拍手喝采が起こった。その反応をうれしそうに見ながら、「オリジナルの三十郎は力で引っ張っていくリーダーでした。今回は現代版ということもあり、個々の順応性を重んじ、良さを引き出していくタイプの三十郎です」とアピールした。

 この日は30度近くの夏日だったため、その後の奉納式での織田は汗だく状態で、何度もハンカチで汗をぬぐっていた。真剣な表情でしっかりと前を見据え、時折深々と頭を下げ、映画のヒットを祈願する織田。一緒に祈願していた120名のファンらは、そんな織田の真摯(しんし)な姿に作品への熱意を感じ、ほれぼれと見入っていた。

[PR]

 『椿三十郎』は黒澤明三船敏郎コンビの名作映画のリメークだ。ほぼオリジナルに忠実に作られており、「もうすぐ四十郎ですが……、椿三十郎と申します」「あばよ」など、おなじみの名セリフも健在だ。織田は現在39歳で、劇中の主人公同様もうすぐ四十郎となる。「今持っている力をすべて注いで演じた」という織田は、今年で芸能活動20周年を迎え、『椿三十朗』は節目の年にふさわしい作品に仕上がっている。

 オリジナルで仲代達矢が演じた侍役を豊川悦司加山雄三が演じた若侍を松山ケンイチが務めるほか、佐々木蔵之介藤田まこと中村玉緒鈴木杏などオリジナルのイメージを崩さない、最高の顔ぶれがそろっている。

『椿三十郎』は12月1日より日劇PLEXほかにて全国公開
オフィシャルサイト tsubaki-sanjyuro.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]