『ベスト・キッド3』のショーン・キャナン、酒気帯び運転で執行猶予5年

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ショーン・キャナン - Jordan Strauss / wireimage.com

 映画『ベスト・キッド3/最後の挑戦』でラルフ・マッチオと戦ったショーン・キャナンが、酒気帯び運転で逮捕された件で執行猶予5年の判決を受けた。キャナンは8月18日に薬物またはアルコールの影響下での運転と血中アルコール度数が法で定められた0.08%以上での運転の2件で逮捕。

1998年にも酒気帯び運転で有罪判決があったため、当初は無罪を主張していたが、木曜日になって不抗争を申し入れたため、検察側が2件目の罪を不起訴とし、執行猶予扱いとなった。このほかに18か月間のアルコール教育の授業への参加と1944ドルの罰金を言い渡されている。“不抗争”とは起訴状の罪を反論せずに受け入れるものだが、有罪を認めるものではない。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]