テレビやネット媒体が選ぶ第9回ゴールデン・トマト賞発表!『レミーのおいしいレストラン』などが受賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スリラー部門のウィナー『ノーカントリー』 - (C) 2007 Paramount Vantage, A PARAMOUNT PICTURES company. All Rights Reserved.

 アメリカの雑誌や新聞などの印刷媒体、ネット、およびテレビなどの放送による批評を総合し、高評価の割合で受賞作品を決める第9回ゴールデン・トマト賞が発表され、『レミーのおいしいレストラン』が96%の評価で1位にトップに選ばれた。その年の批評が最低だった映画に贈られる“カビだらけのトマト賞”は『Because I Said So』(原題)が受賞。主な受賞作品とカテゴリーは以下のとおり。

『レミーのおいしいレストラン』(メジャー封切り部門)

『once ダブリンの街角で』(限定封切り部門)

[PR]

つぐない』(ロマンス部門)

ボーン・アルティメイタム』 (アクション・アドベンチャー部門)

『JUNO/ジュノ』 (コメディ部門)

ノーカントリー』(スリラー部門)

『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』 (ドラマ部門)

シッコ』(ドキュメンタリー部門)

グラインドハウス』(ホラー部門)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(SF/ファンタジー部門)

魔法にかけられて』(ファミリー映画部門)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]