フランシス・フォード・コッポラ監督、ハビエル・バルデムの役柄の性別を変更

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フランシス・フォード・コッポラ - Stephen Shugerman / Getty Images

 フランシス・フォード・コッポラ監督が、新作映画『テトロ』(原題)でハビエル・バルデムが演じる予定だった役柄の性別を急きょ変更したことが明らかになった。先月31日からブエノスアイレスで開始された撮影のために行われたリハーサルを通して、ハビエルが演じる予定だったこの重要な役柄を書き換えたとコッポラ自身が語った。ハビエルの代わりに同役を演じることに決まったのは、映画『ボルベール <帰郷>』のスペイン人女優カルメン・マウラだ。

 「(性別を変更した役は)脚本の中の重要な役柄のひとつで、テトロの師匠である人物だ。当初、わたしはその役を男性として書いた。しかし何度も脚本を読み返すうちに、もしテトロと師が違う性別だったら、2人の関係はもっと興味深いものになると感じたんだ」とコッポラは説明した。

 コッポラが撮影中に脚本の中の重要な要素を変更することはよくあることだが、バルデムがブロードウェイ・ミュージカルを映画化する映画『ナイン』のために『テトロ』(原題)へ参加できなくなったからではないかといううわさもある。ハビエルの離脱は残念だが、久々となるコッポラの監督映画には大いに期待できそうだ。

関連記事:巨匠コッポラ、意外にも単独監督は10年ぶり…製作費はワインを売ったお金
関連記事:コッポラ監督、新作の主演に新人を大抜擢
関連記事:ヴィンセント・ギャロ、フランシス・フォード・コッポラ監督の新作へ出演

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]