デンゼル・ワシントン、スパイ映画でヒーローを演じる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
デンゼル・ワシントン - Dimitrios Kambouris / wireimage.com

 デンゼル・ワシントンが、『ボーン・アイデンティティ』の原作者として知られるロバート・ラドラムのベストセラー小説の映画化作品へ出演するとハリウッド・レポーター紙が伝えた。映画化されるのは「マタレーズ暗殺集団」で、アメリカとロシアのトップスパイが謎の暗殺組織マタレーズに立ち向かうために手を組む痛快なスパイ・アクションだ。脚本はアンジェリーナ・ジョリー主演の映画『ウォンテド』(原題)のマイケル・ブラントデレク・ハースが手掛け、『トランスフォーマー』のロレンツォ・ディボナヴェンチュラと『スタンドアップ』のニック・ウェクスラーがプロデュースする。この小説「マタレーズ暗殺集団」には「マタレーズ最終戦争」という続編小説があり、『ボーン・アイデンティティ』のようにシリーズ化が期待されている。

関連記事:デンゼル・ワシントン夫妻に黒人学校基金が賞を授与
関連記事:アメリカで最もポピュラーなのはエレン・デジェネレスとデンゼル・ワシントン
関連記事:デンゼル・ワシントン、大学に100万ドルを寄付

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]