北野武監督が「当たる映画」と豪語!新作映画『アキレスと亀』は現在絶好調撮影中!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『アキレスと亀』より、北野武と樋口可南子 - (C)2008『アキレスと亀』製作委員会

 9日、日活撮影所にて北野武監督待望の新作映画『アキレスと亀』の製作発表会が行われ、北野監督をはじめ、出演する樋口可南子麻生久美子、本作から改名した柳憂怜柳ユーレイ)が登壇した。

 “世界の北野”による第14作品目の本作は夢を追い続ける画家と、そんな男を愛し続ける女のストーリーで、北野監督は「前回、前々回と無茶な作品をやってプロデューサーに怒られたので、今回は当たる映画をまじめにやってます。あのときはだんだんスタッフが話かけてくれなくなったけど、今回はみんな来てくれるから面白いものに仕上がっていると思う」と賛否両論だった映画『TAKESHIS’』や『監督・ばんざい!』を振り返りながら語ってくれた。

 樋口と麻生は今回が北野組初参加。北野演じる主人公の妻という役柄の樋口は「最初はびっくりしました。いろいろな格好をさせられ、恥ずかしくもあり、うれしくもあり」と意味深な言葉を残した。一方、樋口の青年期を演じる麻生が「いつも樋口さんと話してるんですけど、現場がいつも早くて。だいたい1回でOKになるので、役者として試されているような気がして怖い」と告白すると、すかさず北野監督が「うまいからいいんだよ」と答え、女優2人を信頼している様子をうかがわせた。

[PR]

 今回も北野監督は演出のほか、出演、脚本、編集を手掛け、中尾彬大杉漣大森南朋など豪華キャストの起用も決定している。クランクアップは今月の中旬ということで、現在、撮影はラストスパート中。北野監督が「当たる映画」と自信を持って語る本作は、世界の観客や、日本の観客にどう受け止められるだろうか。

映画『アキレスと亀』は2008年秋、全国公開

関連記事:北野武を“映画の神様”とあがめるイタリアの一団、ちょんまげで現る!【第64回ヴェネチア国際映画祭】
関連記事:麻生久美子、マジメでダサい男子に胸キュン!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]