カンヌ国際映画祭のコンペ作品が正式に発表

第61回カンヌ国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クリント・イーストウッド - Paul Redmond / wireimage.com

 5月14日から25日まで開催されるカンヌ国際映画祭で、最高賞パルムドールを競うコンペティション作品が正式に発表された。その中には、クリント・イーストウッド監督の最新作映画『チェンジェリング』(原題)、ヴィム・ベンダース監督の映画『ザ・パレルモ・シューティング』(原題)、スティーヴン・ソダーバーグ監督の長編映画『チェ』(原題)のほか、フランス人監督フィリップ・ガレルの新作や、ブラジル人監督ウォルター・サレス監督作、脚本家として知られるチャーリー・カウフマンの監督デビュー作などが挙がっている。

 そのほかの上映作品としては、カンヌ国際映画祭での上映がうわさされていた映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』、ウディ・アレン監督の映画『ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ』(原題)がコンペ外で上映される。今年のカンヌ国際映画祭では、ショーン・ペンが審査委員長を務めるほか、審査員にはナタリー・ポートマンアルフォンソ・キュアロン監督が決まっている。昨年はルーマニアのシリアス・ドラマ映画『4ヶ月、3週と2日』がパルムドールを獲得した。【関連写真(『4ヶ月、3週と2日』)はこちら】

【関連記事】クエンティン・タランティーノ監督、カンヌでレクチャーを
【関連記事】「インディ・ジョーンズ4はカンヌでプレミア」ジョン・ハートが言っちゃった!
【関連記事】サラ・ジェシカ・パーカー、「SATCの映画は驚くほどシリアスよ」
【関連記事】山口達也、カンヌ映画祭へ!アンジェリーナ・ジョリーとレッドカーペットを歩く!
【関連記事】カンヌもだまされた!サギ師に引っかかった!デル・トロ監督が激白
【関連記事】カンヌを制したルーマニア映画が、ヨーロッパ映画賞も受賞

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]