突然のハプニングを、大沢たかおが噛み合ない会話で救う!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
まさかのハプニングに大沢たかおも冷や汗…?

 25日、築地本願寺にて、映画『築地魚河岸三代目』の完成披露試写会が行われ、主演の大沢たかお田中麗奈伊原剛志森口瑤子温水洋一江口のりこ伊東四朗松原信吾監督、そして主題歌を歌う秦基博がレッドカーペットイベントを歩いた。【関連写真はこちら】

 会場となった築地本願寺は、今年で350周年を迎える名寺。350年の歴史の中でも、試写会が行われるのは初めてとのことで、境内には似つかわしくないレッドカーペットが敷かれていた。そこに白リムジンで乗りつけたキャスト一行は、大歓声の中レッドカーペットを練り歩き、「笑って泣ける、心温まる映画ができました」とアピールに務めたのだが、事件は突然起こった。

 この日は、撮影に協力した築地魚河岸から、東京魚市場卸共同組合の伊藤宏之理事長が激励に駆けつけており、大沢とエール交換をするという予定だったのだが、伊藤理事長の出番がやって来てもなぜか姿が見えず、関係者がバタバタと捜索開始。5分ほど経って、姿を現した伊藤理事長は、何事もなかったかのように堂々たるあいさつを行ったのだが、想定外の事態に関係者はもちろん、司会者もキャストも冷や汗タラリ。その場をつなごうと、伊東が「僕もイトウだから、僕が変わりにやろうか? これ、本当にハプニングなんですよ。さっきまで控え室で、しっかり段取り聞いてたんだからね」と暴露したり、司会者が機転を利かせて大沢に「魚をさばいてどうでした? 新しい発見はありました?」と質問をすると、「僕はこれから徐々に覚える役だから、まだ全然経験してなくて……。そうだなぁ……発見?」とかみ合ない会話を披露するなどしたり、会場の笑いを誘って間を持たせていた。

[PR]

 『築地魚河岸三代目』は、「ビッグコミック」にて連載中の同名コミックを映画化したもの。恋人の実家である魚の仲卸店を手伝うことになったエリートサラリーマンの姿を、人情味豊かに描く。

映画『築地魚河岸三代目』は6月7日(土)より全国松竹系にて全国公開
オフィシャルサイト uogashi3.jp

【関連記事】昭和30年代はCGを使わなくともここに!松原監督、あの大ヒット作に挑戦状?
【関連記事】竹内結子、大沢たかおが苦笑いするようなハプニングにも冷静に対処
【関連記事】大沢たかおと竹内結子がツリーを前に“いい感じ”?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]