菊地凛子のハリウッド次回作、『死ぬまでにしたい10のこと』イザベル・コイシェ監督作か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
菊地凛子 - Junko Kimura / Getty Images

 アメリカでは10月に公開予定の映画『ザ・ブラザーズ・ブルーム』(原題)での活躍が期待される菊地凛子。その菊池が、映画『死ぬまでにしたい10のこと』『あなたになら言える秘密のこと』で知られるイザベル・コイシェ監督の次回作映画『マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー』(原題)への出演交渉中だとハリウッド・レポーター紙が伝えた。映画は、タイトルからわかる通り、日本を舞台にしたドラマチック・スリラーで、魚市場の従業員が実は殺し屋だったという驚くべきストーリーだ。脚本もイザベル監督が手掛ける。

 映画『バベル』に続くハリウッド進出作品となった映画『ザ・ブラザーズ・ブルーム』(原題)は、詐欺師の兄弟を主人公にした痛快アドベンチャー・コメディー映画で、菊地はエイドリアン・ブロディレイチェル・ワイズマーク・ラファロと共演している。公開された予告編では、菊地は兄弟の仲間の殺し屋役でコミカルな魅力を発揮しており、アメリカで新たなファンを獲得しそうだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]