第46回ニューヨーク映画祭開催!『トウキョウソナタ』の上映や大島渚トリビュートも

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
第46回ニューヨーク映画祭記者会見 - Photo:Nobuhiro Hosoki

 ニューヨークのリンカーン・センターで行われる第46回ニューヨーク映画祭(46th N.Y.F.F)が9月26日より開催され、そのオープニングの作品として、今年のカンヌ映画祭で見事にパルムドールを獲得した映画『ザ・クラス』が上映された。

 例年通り、世界中から厳選された作品はわずか18か国から28作品。このこのほかに注目されるラインアップは、クリント・イーストウッドの『チェンジリング』、スティーブン・ソーダバーグの『チェ』(チェ・ゲバラのストーリー)、ウォン・カーウァイの『アシュズ・オブ・タイム・リダックス』、マイク・リーの『ハッピー・ゴー・ラッキー』、クロージングを飾るのがヴィネチア映画祭で金獅子賞に輝いたダーレン・アロノフスキーの『ザ・レスラー』となっている。

 日本からも黒沢清監督の映画『トウキョウソナタ』が参加し、記者会見にも登壇する予定。そして、この映画祭の開催中に、日本の大島渚監督トリビュートとして”In the Realm of Oshima: The films of Japanese Master Nagisa Oshima"と題されたイベントを行い、彼の代表作『日本の夜と霧』、『戦場のメリー・クリスマス』『愛のコリーダ』から、アメリカでは未公開であったドキュメンタリーも含まれ、26作品を上映する。(取材・文:細木信宏)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]