『スパイダーマン』シリーズ4・5作目へキルスティン・ダンストも出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
メリー・ジェーン役のキルスティン・ダンスト

 先月、サム・ライミ監督とトビー・マグワイアが、映画『スパイダーマン』シリーズ4作目と5作目への契約を済ませたことが明らかになったが、メリー・ジェーン・ワトソン(MJ)役のキルスティン・ダンストの出演も濃厚になってきた。キルスティンがMTVに語ったところによると、彼女も『スパイダーマン』シリーズ4作目と5作目へ出演するそうだ。「わたしも(『スパイダーマン』の新作に)参加するわ」とキルスティンは言いながらも、まだ出演契約をする段階ではなく、公式に自らの出演を発表出来ないようで曖昧に答えていた。

 『スパイダーマン』シリーズ4作目と5作目は2作品同時に製作し、撮影は2009年秋から開始され、『スパイダーマン4』はシリーズ1作目の公開から9年後にあたる2011年5月の全米公開を予定している。脚本は映画『ゾディアック』のジェームズ・ヴァンダービルトが手掛け、引き続きアヴィ・アラドローラ・ジスキンがプロデュースする。

 キルスティンの共演者であるトビーは、『スパイダーマン』シリーズ4作目と5作目の出演料として2本で5千万ドル(約50億円)を受け取ることが明かされたばかり。キルスティンがまだ出演契約を結ばないのは出演料の問題かもしれないが、彼女が出演に前向きであることがわかりファンもほっとしたのではないだろうか。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]