全米大ヒット中の『トワイライト』続編の監督はクリス・ワイツか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クリス・ワイツ - Soul Brother / filmmagic.com

 ステファニー・メイヤーのヤング・アダルト・ヴァンパイア小説を映画化して全米で大ヒット中の映画『トワイライト~初恋~』続編の監督が決まるかもしれない。『トワイライト~初恋~』でメガホンを取ったキャサリン・ハードウィック監督の降板をいち早く伝えたDeadline Hollywoodが、サミット・エンターテイメントが次回作映画『ニュームーン』(原題)の監督としてクリス・ワイツにオファーを出したと伝えた。ワイツ監督に白羽の矢が立ったのは、大作映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤』『アバウト・ア・ボーイ』でメガホンを取った経歴があり、またワイツ監督とサミットの製作部門の代表であるエリック・フェイグが長年の友人だからではないかといわれている。ワイツ監督はまだ返事をしていないようだが、監督するとなると次回作映画『ニュームーン』(原題)だけでなく、3作目にあたる映画『エクリプス』(原題)でもメガホンを取ることが予想される。

 フィリップ・プルマンのファンタジー小説をニュー・ライン・シネマが映画化した『ライラの冒険 黄金の羅針盤』だが、高額な製作費をかけて製作されたにもかかわらずアメリカではヒットせず、アメリカ以外の国ではヒットしたものの予定されていた続編2作品の製作延期が決まっている。ワイツ監督にしてみれば、『ライラの冒険 黄金の羅針盤』での興行的失敗を『トワイライト~初恋~』の続編映画で挽回(ばんかい)するチャンスではなかろうか。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]