『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の監督は宮崎駿が大好き!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヘンリー・セリック - Photo:Nobuhiro Hosoki

 映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『ジャイアント・ピーチ』の監督として名をはせたヘンリー・セリックが、新作映画『コーラライン』(原題)について語ってくれた。本作は、少女コーラライン(声優ダコタ・ファニング)が、自宅にある秘密のドアの向こうにある別世界を目撃してしまうアニメーション・ファンタジー。

 本作のクルーたちを集めた経緯については「約3分の1は、これまでずっと仕事をしてきた仲間で、わたしがMTVのビデオや、食べ物のCMなんかを制作してきたときからのスタッフさ。ほかには、オレゴン州ポートランド出身の人たちで、ウィル・ヴィントン・プロダクション(クレイ・アニメーションで有名な会社)で働いていた経験がある。そして残りは、イギリス、カナダなど国際的なスタッフで、優れた作品を制作するためには、あらゆる場所から精鋭をそろえる必要があったのさ」とスタッフ集めにも余念がないことを明かした。

 日本で『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が公開されから、この映画のオモチャや衣装が発売され、人気を博していることについては「親近感を感じてくれているのかもしれないね。わたしは宮崎駿監督が大好きで、彼の繊細(せんさい)な部分に共通点を感じることがあるよ。だから、日本で評価されることに驚きはないかな。本作も同じ気持ちで観てく れたらうれしいね」と語り、日本のアニメにも詳しいことを話してくれた。

 『コーラライン』(原題)の原作者ニール・ゲイマンは本作を鑑賞したのだろうか? 「うん。観てくれたよ。彼の住むミネソタ州セイントポールで、彼の家族と友人に観てもらったんだ。彼はとても気に入ってくれたよ!」とのことだ。(取材・文:細木信宏 / Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]