サラ・ブライトマンを直撃!YOSHIKIと自宅でレコーディング秘話とパリスの素顔を激白!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
パリスは素直な子よ。

 新感覚ファンタジー映画『REPO! レポ』で、オペラ歌手役で出演したサラ・ブライトマンに、初めて本格的に映画出演を果たした感想を聞いた。同作は映画『ソウ』シリーズのダーレン・リン・バウズマン監督が映画『ソウ5』の監督を断ってメガホンを取り、本作で見事(?)ラジー賞に輝いたパリス・ヒルトンも出演しているほか、音楽プロデューサーとしてX JAPANのYOSHIKIが参加しているなど話題が尽きない。パリスとの共演やYOSHIKIとのコラボレーションの感想、そして映画初出演を決意した理由とは?

映画『REPO! レポ』写真ギャラリー

 サラ演じるブラインド・マグは、ヒロインがあこがれるオペラ歌手。「クラシックのシンガーで職業的にも似ているわ」とマグがサラ自身のキャラクターに近かったことも映画初出演を決めた理由の一つになったと話す。「成功して祭り上げられているけれども個人的には悩みも多く、ある意味で悪魔に魂を売ってしまったようなところも共感できるわ」と付け加え、スーパースターにしかわからない苦悩を明かしたかのようなコメントを返してくれた。

[PR]

 また本作には、“ゴシップ・セレブ”のパリス・ヒルトンも出演した。劇中で大熱演を披露したにもかかわらず、見事ラジー賞に輝いてしまったパリスだが、彼女との共演についてサラは「パリスに限らず、たくさんのすてきな俳優、女優がラジー賞を受賞してしまっているのよ(笑)」と擁護し「パリスはやるべき仕事をきちんとこなしていて素直な女性だったわ。スタジオにワンちゃんを連れてくるなんてことはなかったわ(笑)!」と賛辞を贈った。さらにX JAPANのYOSHIKIが音楽をプロデュースを務めており、「YOSHIKIとは何度も会ったわ。ロサンゼルスにある彼の自宅で何度もレコーディングをしたのよ」とコメントし、初対面の感想を「彼はすごい接しやすい人」と教えてくれた。

 本作を機に映画界へ本格的に進む気はないのかと聞くと「今イギリスで次回作に取りかかっているの。偶然だけれど、自然と映画のオファーが増えていて、タイミング的に映画に出る時期が来ているのかもしれないわ」と前向きなコメントをしてくれた。もともとミュージカル女優として高い演技力を有するだけでなく、1990年代にはいくつか映画へのオファーが来ていたことも明かし、「もし『ブレードランナー』へのオファーが来ていたら絶対出ていたと思うわ!」と熱く語る世界的ディーバ。サラがスクリーンを席巻する日もそう遠くはない!

映画『REPO!レポ』は3月21日よりシネマライズほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]