キャメロン・ディアス、映画版『グリーン・ホーネット』のヒロインに?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
セクシー秘書とかいいかも?

 チャウ・シンチーが監督とカトー役を降板し、製作が危ぶまれていた実写映画版『グリーン・ホーネット』のヒロイン候補にキャメロン・ディアスの名前が挙がっているようだ。

 エンターテイメント・ウィークリー誌のブログ版が伝えたところによると、キャメロンが『グリーン・ホーネット』のヒロインとして候補に挙がっており、出演交渉の初期段階にあるとのことだ。同作は、1960年代の人気テレビシリーズを実写映画化するもので、映画『エターナル・サンシャイン』のミシェル・ゴンドリー監督がメガホンを取る。キャメロンの役柄は明らかにされていないが、テレビシリーズに登場したキャラクターであれば正義のヒーローのグリーン・ホーネットことブリット・リードの秘書キャシー役と思われる。映画『カンフー・パンダ』のセス・ローゲンが緑のマスクで悪と戦うグリーン・ホーネット役のほか、エヴァン・ゴールドバーグと共に共同で脚本、製作も手掛け、撮影は近日中に開始される予定だ。全米公開は2010年7月9日を予定している。

 『グリーン・ホーネット』は、当初映画『カンフーハッスル』のチャウ・シンチーがメガホンを取り、カトーを演じる予定だったが、シンチーが降板したことで誰がカトーを演じるか注目が集まっている。また、ミシェル監督がMTVに対して明かしたところによると、テレビシリーズ版でグリーン・ホーネットを演じたヴァン・ウィリアムズのカメオ出演や、有名スターを悪役に起用しようと考えているとのことだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]