リーアム・ニーソン、妻ナターシャの死後、初のプレミア出席

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新作よろしく。 - Jim Spellman / WireImage / Getty Images

 3月にスキーの事故で妻のナターシャ・リチャードソンを亡くしたリーアム・ニーソンが、事件後初のプレミアに出席した。ニューヨークで行われた、最新作映画『ファイブ・ミニッツ・オブ・ヘブン』(原題)のプレミアで、ニーソンはレッド・カーペットに登場。悲しい事件後、初めて華やかな場へ姿を現したこともあり、この日集まった記者たちは、宣伝会社から「私的な質問は控えるように」と強く念を押された。その中で、ある記者に「あなたにとってヘブン(天国)とは?」と聞かれたリーアムは、「(ナターシャ・リチャードソンとの間の)二人の息子と過ごすこと」、さらに「その瞬間を生きること」と家族とともに生きる喜びを大切に感じているよう。リーアムは妻の死後、映画界からしばらく距離を置くと報じられていたが、日本では新作映画『96時間』が公開され、さらにジョエル・シルヴァー製作の映画へ出演も決まっており、意欲的に仕事をこなしているようだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]