ケイト・ブランシェットが舞台で熱演中に怪我

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「けがしてしまったわ……」ケイト・ブランシェット - Wendell Teodoro / WireImage / Getty Images

 ケイト・ブランシェットが、シドニーの劇場で新作舞台の出演中に頭のけがをした。ケイトは、夫のアンドリュー・アプトンとともに芸術監督を務める劇団、シドニー・シアター・カンパニーで「欲望という名の電車」を公演中だが、共演のジョー・エドガートンとのけんかシーンを演じていた際、あやまって頭を小道具のラジオにぶつけてしまった。

 BBCオンラインによると、舞台を見ていた観客は、ケイトが頭から血を流しながら舞台を去り、この回の上演は中止になった、と語っている。一方劇団関係者は、ケイトの傷は軽傷で心配ないとコメントしており、「ちょっとした出来事で残念ながらケイトがけがをしてしまった。相手役が小道具を自分の頭の上に上げる動きをしたとき、ケイトに当たってしまったんだ」と語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]