『ターミネーター2』のエドワード・ファーロングに接近禁止命令 妻を脅迫し入院措置

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
妻に対して接近禁止命令を受けたエドワード・ファーロング - Frazer Harrison / Getty Images

 映画『ターミネーター2』でジョン・コナーを演じたエドワード・ファーロングが、妻で女優のレイチェル・ニーランドの半径100ヤード以内に近寄ってはならないとの接近禁止命令を受けた。

 レーダー・オンラインによると、「エドワードはわたしをつかんでアザをつくったり、突き飛ばしたりしました。さらに暴力を振るうと脅し、人を雇ってチェーンやバットを使ってわたしを痛めつけるとのメッセージも残しています。彼はコカインを吸引しているほか、ほかのクスリもやっていて、行動は予測不可能です」とレイチェルは裁判所の書類に記載しているとのこと。

 また、36時間で20回の電話メッセージやメールを送ってきており、彼女を殺すという内容のものもあったという。その中のメッセージに自殺をほのめかすものがあったため、レイチェルは警察に電話をし、エドワードは現在病院に収容されているらしい。病院にいるエドワードが接近禁止命令を知ったときに、どのような暴力的行為に出るかが怖いとレイチェルはコメント。エドワードとレイチェルはインディ映画『ジミー・アンド・ジュディ』(原題)の撮影で知り合い、2006年4月に結婚。二人の間には2歳半になる息子のイーサン・ペイジがいる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]