ジェラルド・バトラー、レイフ・ファインズ初監督映画へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェラルド・バトラー

 レイフ・ファインズが監督デビューを飾るシェイクスピア映画『コリオレイナス』(原題)へジェラルド・バトラーが出演することが明らかになった。これは、ジェラルド自身がアメリカのボルティモアの地元テレビ局WJXでのインタビューで明らかにしたもので、『コリオレイナス』(原題)はジェラルドとレイフ二人にとって情熱をかけた企画だそうだ。

 同作は、ウィリアム・シェイクスピアの同名の戯曲を映画化するもので、レイフが後にコリオレイナスとなる主人公のケイアスを演じることが決まっている。ヴァネッサ・レッドグレーヴウィリアム・ハートジェシカ・チャスティンの出演も決まっており、脚本は『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のジョン・ローガンが手掛ける。ストーリーは、戦で都コリオライを陥落させて英雄となった将軍ケイアスだったが、市民の反感を買ったためにローマから追放され、憎しみから彼は宿敵と手を結び祖国ローマを滅ぼそうとする政治対立を軸とした悲劇だ。シェイクスピアの「コリオレイナス」はジェラルドにとっても思い出深い作品で、まだ無名だったジェラルドが俳優のスティーヴン・バーコフと偶然知り合い、バーコフの計らいによって舞台「コリオレイナス」に立つチャンスを得てジェラルドの俳優としてのキャリアがスタートしたのは有名なエピソードである。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]