ヴィゴ・モーテンセン、撮影中はイライジャ・ウッドにいたずらの連続

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
結構イタズラ好き? -ヴィゴ・モーテンセン

 ヴィゴ・モーテンセンがキャストのムードをよくするため、撮影中にイタズラをすることがあると語り、映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの撮影中、イライジャ・ウッドに6週間、毎日イタズラをしかけたこともあったという。

 「何をするにしても楽しめなければ、やる意味はないと思う。それが特にきつい仕事となるとね。僕は6週間、毎日イライジャに電話をかけて音信不通になっていたドイツの友人のふりをしたことがある。電話は真夜中にかけることが多かったな。ラッキーにもイライジャは面白がってくれたよ」と笑う。

 しかし、ヴィゴのジョークが大ごとになってしまったこともあったという。「『ロード・オブ・ザ・リング』では、ホビットの代役で、すごく特徴のある声をした奴が1人いたんだ。そこで、ホビットのメリーを演じたドミニク・モナハンと一緒に奴の声を真似て、遭難してニュージーランドのサウス・アイランドで食べ物も飲み物もなくて困っているとプロデューサーに電話をしたら、スタッフが本当だと思って大騒ぎになったことがあった」とライヴ誌に語っている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]