マーティン・スコセッシ監督、ベストセラー児童書を映画化へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーティン・スコセッシ監督

 マーティン・スコセッシ監督が、ブライアン・セルズニックのベストセラー児童書「ユゴーの不思議な発明」の映画化作品を製作することになった。この児童書は2007年に多くの図書賞を受賞した白黒の作品で、1930年代のパリを舞台にしたもの。パリの鉄道駅で暮らす12歳の孤児の少年が、父親が残したからくり人形を直すうちに、ある秘密が明らかになっていく物語。

 セルズニック氏は、ハリウッドの名作『風と共に去りぬ』を手がけたプロデューサー、デヴィッド・O・セルズニック氏の遠縁にあたる人物で、本作も白黒のサイレント映画のような味わいを持っている。セルズニック氏はガーディアン紙に対し、「スコセッシ監督が私の物語をどのように映画化するのか、とてもスリリングに感じる」と語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]