内田有紀が大胆な濡れ場に挑戦し新境地!金子監督も原作どおりのイメージと大絶賛!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ばかもの』の金子修介監督-ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010にて

 1日、北海道夕張市で開催された、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010のメイン会場となるアディーレ会館ゆうばりで、特別招待作品となる映画『ばかもの』が上映され、金子修介監督、そして本作に出演している俳優の仁科貴が登場した。

 昨日のクロージング上映も無事に終わり、この日ですべてのプログラムが終了。本映画祭の最終上映となった本作は、身体で愛情を交わしながらも、時には傷つけ合い、そして寄り添い合う男女の心の弱さを描いた佳作となっている。大胆な濡れ場シーンにも果敢に挑む女優、内田有紀の新境地ともいえる作品だ。舞台あいさつに登壇した金子監督は「今まで一緒に仕事をしたことはなかったのですが、原作を読んで、この役は彼女の雰囲気に合うんじゃないかと思いました。

 ところで本作の原作者である絲山秋子といえば、絲山原作の小説「イッツ・オンリー・トーク」を原作に、脚本家の荒井晴彦がシナリオを執筆した映画『やわらかい生活』シナリオの採録、出版の許諾を拒否した人物。もちろん両者の間で大げんかが勃発(ぼっぱつ)。ついには裁判が行われ、芸術論争を巻き起こしたことでも知られている。金子監督は「最近の映画界では、原作者の力が強くなっているんです。今までは脚本を読ませてくれという原作者はなかなかいなかった。脚本を作るにしてもお金がかかるわけですから。でも出版社がそこまで理解してくれない」と現代の映画界の問題についてコメント。しかし絲山とのやりとりについては「全然もめなかった。脚本をこういうふうに直したいと、正面切って言ったからだと思う。でもプロデューサーは、はらはらしてましたけど。これはサスペンスでしたね(笑)」と製作の裏話を明かしていた。

[PR]

 本作は、芥川賞作家、絲山秋子の同名小説を映画化したラブストーリー。ある男女の出会いから恋愛、別れ、再会に至るまでの10年間に及ぶ純愛を描き出す。年下の男を積極的かつ官能的にリードする内田の肉食ぶりにも注目である。(取材・文:壬生智裕)

映画『ばかもの』は今秋公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]